トップイメージ
通常、任意保険とは強制保険になっている自賠責保険とは異なり自賠責保険だけでは補うことが難しい補償を受ける重要な保険です。これは任意保険。自動車損害賠償責任保険の上級保険という意味合いで役に立つものですので、自賠責保険で補える支払い能力を上回った際に働きます。さらに、自賠責保険の中では物的損害に対しては補償を受けることができないのでその部分を補う場合は任意保険にも入っておくことが望ましいです。現時点で任意保険を払っている自動車を処分する際は、国産自動車とかイタリア車などことは例外なく、残金が還付されます。国産自動車を売る場合でも同じです。自動車損害賠償責任保険の場合基本的には入ったままにしておくのが常識になっていますが任意保険の場合は皆が入る保険ではありませんから解約ということになります。それから任意保険をキャンセルした後は返戻金が返金されるということになります。愛車の売買が決定した場合でもすぐに保険を解約するという選択肢はリスクがあります。当然、早くキャンセルしてしまえばその分還付されるお金は増加しますが、もしも中古車専門店が遠くにあって自ら運転していくということになった場合には任意保険に入っていない状態で運転をすることになります。緊急事態を考えて必ずもう自ら車の運転をしないという状況になる時まで保険の解約手続きはされないようにしましょう。愛車を処分して、新しい車種を購入するケースだったら問題ないと思いますがずっと車に乗らないような状況が続き保険に加入している意味がなくなってしまったらこのように任意保険に入っていない時が存在する場合過去に続いていた任意保険の等級が下がるので、保険料の金額が増えてしまいます。このような時は「中断証明書」という書類を提示してもらうようにしなくてはいけません。この「中断証明書」があれば10年までは契約解除前の等級を引き継いで加入することができます。それから、13ヶ月以内であれば発行することができますからもし今現在で中古車を売却していて「中断証明書」を提示してもらっていないのならば、代理店に中断証明書を発行していないことを伝えたほうがいいと思います。もしも他の車を購入して買ったのちに前に持っていた車を査定に出すのであれば、任意保険の契約は一方のみのとなります。変更ということになるため、乗らなければなれない自動車ならば買い取りまでには注意しなければなりません。また、任意保険というのは自動車の種類により価格が少し異なりますから、中古車引き取りの際は任意保険そのものを見直してみるチャンスと考えられます。

リンク

Copyright © 1998 www.allegroframing.com All Rights Reserved.