トップイメージ
外国為替証拠金取引(FX)においては取引所取引というものがございます。FX(外国為替証拠金取引)業者と商売をする行為を「店頭取引」と言いますが、この取引に関しては取引所を通さず売り買いのパートナーは外為取引企業になるのです。「取引所取引」という取引所は外国為替証拠金取引(FX)業者はあくまでも仲介でありますので、ストレートの売り買い対象は取引所との事になっています。その違いを今比較してみます。まず「店頭取引」の例は預金しておるお金はFX(外国為替証拠金取引)業者に統括されています。片や「取引所取引」のケース、お金は全額取引所に預金しないとならないと義務になっております。そうする事で外為(FX)会社が倒産してしまうというような事柄が万が一あったとしても取引所取引は取引所によって証拠金が全姿金守護されているということになるのです。前者の時は外為(FX)会社が統括しているから、業況によっては会社経営破たんのあおりに遭い預けていた資金は防衛されないです。その上税金を考慮しても両者については基準に相違が存在します。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップ金利などを雑所得として賃金と合算して申告しなければいけません。ところが確定申告せず済むケースもありますので、おのれに適合するのかしないのかよく確認していただきたいです。仮にアナタが勤め人で収入二千万円以下給与所得の範囲を超えた実収が20万円以下(2社以上の企業から給料の所得が無いということ)といった条件を満たしている状態でいれば特例措置として確定申告は不要で大丈夫です。FX(外国為替証拠金取引)もうけが二十万円以上時は確定申告をしてください。税率は儲けに従い5%〜40%の6段階に組み分けされていて、所得が高いならばtaxも値上がりします。「取引所取引」では、利潤があった折は他の稼ぎとは別件として「申告分離課税」のターゲットとなるのです。税金の率は一律20%となりますが損金がはっきりしたしからば「取引所取引」の利点として損金分を翌年以降に繰越することが可能です。上記から見ても、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低価格なtaxになる際もありますので検討して見ていった方が良いと思います。特に新参者のケースは、JASDAQ株価の浮き沈みや円の状態に日々気を配り、収益や欠損分にスリル満点の事によって、税金においての事実を忘れてしまいがちなってしまうこともあるので要注意です。損分は困りますが、所得が値上がりすれば税金も高くなるので気を配るのと自覚がポイントでしょう。

リンク

Copyright © 1998 www.allegroframing.com All Rights Reserved.